そのキャットフードの中身、怪しくない?

おうちの猫にあげているごはん、何が入っているかご存じですか?

猫の健康を考えるなら、絶対に知っていた方が良いです。

なぜならキャットフード(ペットフード全般)は、
人間の食べ物より使える原料の基準がユルいのです。

だから原材料が何か知ると、「え?怪しくない?」というのがたくさんあります。

このページでは、そんな怪しいキャットフードについてご紹介します。


普通のスーパーにあった!「怪しいキャットフード」の実例!


下の原材料表は、スーパーで実際に売られていたキャットフードのものです。
このキャットフード、実は怪しいところが3つもあるんです。
赤字にしたのが怪しいポイントです。

原材料
穀類(米、コーングルテンミール、とうもろこし、小麦、シリアルブラン等)
肉類(家禽ミール、ミートミール、ラムミール等)、豆類(大豆ミール)、植物性油脂、
魚介類(かつお節パウダー、ツナ、サーモン、まぐろミール、かつおミール、白身魚ミール、
サーディンミール、フィッシュミール)、たんぱく加水分解物、卵類(卵)、いも類(ポテト)、
乳類(チーズパウダー、ミルクパウダー)、野菜類(野菜ミール)、
ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、
ヨウ素、セレン、コバルト)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、
B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、C)、アミノ酸類(タウリン)
着色料(食用赤色2号、102号、青色1号、黄色4号、5号)


 穀類(米、コーングルテンミール、とうもろこし、小麦、シリアルブラン等)

 まず最初は、猫の食性を無視していることです。
 猫は肉食の動物なのに、このキャットフードは穀類メインで作られています。

 穀物メインのキャットフードは、猫の体調が悪くなる恐れがあります。
 猫は穀物を消化する酵素、アミラーゼをほとんど持っていないので、
 消化不良で下痢をしてしまったり、最悪アレルギーになる可能性すらあります。

 猫の食事は肉がメインであるべきなので、
 このキャットフードは猫の食性を無視しているのです。


 肉類(家禽ミール、ミートミール、ラムミール等)

 2つ目のポイントは、怪しい肉が入っていることです。
 怪しい肉とは、「肉類(●●ミール…)」の「●●ミール」のことです。

 この●●ミールには別名がたくさんあります。
 ミール、副産物、肉粉末(肉粉)、パウダー、肉骨粉…などなど

 これらはレンダリング処理された肉を意味します。
 レンダリング処理とは、動物をすり潰して加熱して溶かす処理のことです。

 食用部分を除いた動物の肉(食用に適さないくず肉)を
 レンダリング処理すると、動物の脂と搾りカスが取れます。
 この時取れる絞りカスから怪しい肉=●●ミールが作られます。



▲怪しい肉こと、●●ミールの見た目
 見た目からは全然肉に見えない
 アメリカではレンダリング工場の悪臭が社会問題化したことも

 この●●ミールには、少なくとも日本では、
 動物の頭(目玉、脳みそ)、内臓、骨、血液、羽、皮等が含まれています。
 これは日本畜産副産物協会のWEBページにも明記されています。



▲日本畜産副産物協会のWEBページにあった、
 ミールのメリットを訴える、豚を食べちゃうニワトリ

 ●●ミール=怪しい肉が不気味なのは、
 製造工程の性質上、何が入っているかよくわからないところです。

 さらに怪しいキャットフードでは、何の動物の肉か不明だったりします。
 まさに怪しい肉としか言えません。


 着色料(食用赤色2号、102号、青色1号、黄色4号、5号)

 3つ目は、危険な添加剤が入っていることです。
 着色料は、発がん性があると言われており害しかありません。



▲市販されている、食用色素
この商品に入っている赤色102号は、石油由来の化学物質
アメリカやヨーロッパでは使用が禁止されている

 猫は色をあまり認識できないので、色をつけても全く意味がありません。
 着色料は、粗悪なキャットフードである証と言えます。


目次へ戻る↑

怪しいキャットフードが存在する2つの理由!


怪しいキャットフードがある理由は2つ考えられます。

まず1つ目は「安く作るため」です。
猫は肉食性の動物なので、肉、すなわち動物性たんぱく質が必要です。
ただし、肉を原材料に使うと価格が高くなってしまいます。

そこで使われるのが怪しい肉こと、●●ミールです。
●●ミールは、捨てる肉=くず肉なので安く仕入れることができます。
つまり、●●ミールを使えば、たくさん作って安く売る事ができるのです。

2つ目は「キャットフード(ペットフード)は飼料だから」です。
キャットフードは「飼料」扱いで、人間の「食料」とは明確に区別されています。



▲2009年に施行されたペットフード安全法。
 ペットフードに使える原材料の基準が定められたが、
 人間の食料には使えない成分も使えてしまう基準。

人間と比べると使える原材料の基準がユルいのが現状です。
だから、1つ目の理由である「安く作るため」も相まって、
人間の食料では使ってはいけないような、怪しい原材料が使われています。


目次へ戻る↑

怪しいキャットフードのまとめ


・怪しいキャットフードは世の中にいっぱいある。
 →猫の食性を無視して、穀物で作られている。
 →レンダリング処理(くず肉を潰して溶かす処理)され、
  色々な動物をごちゃ混ぜにした怪しい肉(?)を使用している。
 →着色料など危険な添加物が、たっぷり使用されている。

・怪しいキャットフードがある2つの理由
 →安く作るために、材料の質を落としている。
 →人間の食べ物と比べて基準もユルいので、怪しい原材料が入りやすい。



▲どこにでもあるスーパーのキャットフード売場
 売場のキャットフードが全部怪しいなんて事もザラ

怪しいキャットフードを猫にあげても、
すぐに猫の具合が悪くなるような事は、たぶん…起きないでしょう。
でも、長期に渡ってあげ続けて、大丈夫でしょうか?

猫の健康、安心、安全は飼い主の知識で決められます。
一緒に暮らしている猫にとって、良いごはんを選んであげたいですね。


目次へ戻る↑


この記事を読んだ人におすすめの記事


その他のおすすめ記事


< キャットフードの選び方
TOPページへ
キャットフードを選ぶ時の4つのポイント! >