今日からできる!安心安全キャットフードの選び方4つのポイント

怪しいキャットフードを選ばないために、今日からすぐにできる、
安心安全キャットフードの選び方、4つのチェックポイントをご紹介します!

安心安全キャットフードの選び方4つのポイント

肉をメイン原材料にして作られているか
怪しい肉(?)が使われていないか
NG酸化防止剤が使われていないか
NG添加物が使われていないか

4つのポイントについて詳しく解説していきます。


   

 最初のチェックポイントは「肉をメイン原材料に作られているか」です。
 原材料の1番最初に「●●肉」等の表示があるかを確認しましょう。

良い例:
●●肉、●●生肉、●●チキン等


 猫は肉食動物です。肉を食べる事で健康を維持できます。
 そのため、キャットフードは肉がメインで作られているかが重要です。

 原材料は入っている量の多い順に書かれています。
 1番最初に「肉」と書いていれば、”肉メインで作られてる”という意味です。
 肉メインであれば、猫の食性にあった良いキャットフードと言えます。

 なお、最初に「穀物」と書かれているキャットフード。
 猫は穀物の消化が苦手なので体調を崩す恐れがあります。
 他の原材料も粗悪なことがほとんどなので、選ばないのが賢明です。


 2番目は「怪しい肉が使われていないか」のチェックです。
 怪しい肉とは、食用に適さない廃棄肉(くず肉)から作られた生成物です。

 怪しい肉が入っていないか見分けるには、
 原材料を見て「肉類」という表記や、「ミール、副産物、肉粉末(肉粉)、
 パウダー、肉骨粉」等の表記がないか確認しましょう。

怪しい肉の表示例
肉類、●●ミール、●●副産物、
●●肉粉末、●●パウダー、●●肉骨粉等


 この怪しい肉こと、●●ミール等については、
 廃棄肉がキャットフードに!?安全なの?すごく怪しいキャットフード
 でも紹介していますが、製造工程の性質上、何が入っているかわかりません。

 腐った肉やゴミ、4D動物(※)が入っている説もあります。
 ※4D動物とは?
  4Dとは、Dから始まる4つの単語を意味しています。
  Dead:死んだ
  Dying:死にかけの
  Diseased:病気の
  Disabled:障害のある

 このように、色々悪い説もある怪しい原材料なので、
 長期に渡ってあげ続けて、大丈夫なのか不安になります。

 ●●ミールが入ったキャットフードを、わざわざ選ぶ必要はないでしょう。

NG酸化防止剤が使われていないか


 3番目は、「NG酸化防止剤が入っていないか」のチェックです。
 原材料を見て、NG酸化防止剤が入っていないか確認しましょう。

 NG酸化防止剤は以下の3種類です。

エトキシキン
発がん性説あり、人間の食べ物には使用禁止。
BHA
(ブチルヒドロキシアニソール)
発がん性説があり、日本では
過去に使用禁止の動きもあった合成化合物。
BHT
(ブチルヒドロキシトルエン)
発がん性や無脳症との関連を疑う説あり。

 キャットフードを開封すれば酸化(劣化)するので、
 酸化防止の成分は、キャットフードに必ず入っています。

 管理栄養士的に、入っていても問題のない酸化防止成分としては、
 天然由来の酸化防止剤が安心安全でおすすめです。

安心安全な酸化防止成分の例
ミックストコフェロール、トコフェロール(ビタミンE)、
アスコルビン酸(ビタミンC)


 最後、4番目は「NG添加物が入っていないか」のチェックです。
 原材料を見て、NG添加物が入っていないか確認しましょう。

 NG添加物は以下の3種類です。

着色料
「赤色●号」などの、キャットフードに色をつけるための添加物です。
発がん性や発育障害と関連があり、欧米では使用禁止になっています。
赤色、黄色、青色、緑色があります。
亜硫酸ナトリウム
毒物及び劇物取締法で劇物としてしてされている危険物です。
キャットフードの発色を良くするための添加物です。
発がん性が極めて高い、危険な添加物です。
動物性油脂
キャットフードの品質維持のために入っている事があります。
何の動物の脂か明記されていない場合、
怪しい肉=●●ミールを作る過程の副産物の可能性があります。
記載がある場合はかなり怪しい添加物と言えるでしょう。

 管理栄養士的には、着色料や亜硝酸ナトリウムは絶対NGの添加物です。


目次へ戻る↑

安心安全キャットフードの選び方まとめ


チェック 肉をメイン原材料にして作られているか
  猫は肉食の動物なので、肉メインのキャットフードが必要。
  原材料の1番最初に「●●肉」の表示があるか確認!

チェック◆Рしい肉が使われていないか
  廃棄肉(くず肉)からできた「●●ミール」でできた怪しい肉。
  製造過程の性質上、何が入っているかわからない不気味な肉。
  原材料に「肉類」「●●ミール、●●副産物」等があったらNG!

チェック:NG酸化防止剤が使われていないか
  発がん性などがある危険な添加剤が3種類ある。
  原材料に「エトキシキン」「BHA」「BHT」があったらNG!

チェックぁВ裡播魂段が使われていないか
  発がん性や劇物指定の危険な添加物がある。
  「着色料」「亜硝酸ナトリウム」「動物性油脂」があったらNG!


以上、この4つが安心安全キャットフード選びのポイントです。



▲大手スーパーのキャットフード売り場
 4つのポイントを満たすドライキャットフードは、なんと0!

「何が入ってる?」「それは良いの?」を知るのは大切です。
良質なキャットフードは、「猫が健康に長生きする」ことに直結します。

ぜひ、良いキャットフードを選んであげてください。


目次へ戻る↑


この記事を読んだ人におすすめの記事


その他のおすすめ記事


< キャットフードの選び方
TOPページへ
キャットフードを選ぶ時の4つのポイント! >