ドライフードだけでは危ない!猫にばっちり水分補給する3つの方法!

猫のごはん、ドライフードばっかり。という事はありませんか?

実はそれ、水を一緒に置いていても危険かもしれません。ドライフードは文字通り乾いているキャットフードで水分量は10%以下しかありません。

ドライフードだけを食べるのは、パスタをゆでずに食べるようなものです。

猫は腎臓や泌尿器を傷めやすい生き物です。
猫という種が抱える体質もありますが、ドライフードのみの生活や水分不足が大きく関係しているかもしれません。

このページでは、猫にばっちり水分補給する方法をご紹介します。


猫が1日で必要とする水分量を体重別一覧にすると、このような感じです。

1kg 70ml〜
2kg 120ml〜
3kg 160ml〜
4kg 200ml〜
5kg 230ml〜
6kg 270ml〜
7kg 300ml〜
8kg 330ml〜
9kg 370ml〜
10kg 400ml〜
11kg 420ml〜
12kg 450ml〜
13kg 480ml〜
14kg 500ml〜
15kg 530ml〜

例えば、体重が4kgある猫なら必要な水分量は200mlです。

ちょうど紙パックのジュース1本分くらいの水分が必要になる事になります。 困ったことに猫は「のどかわいた〜」を感じずらい生き物です。

また、猫は気に入らない水は飲みません。人間の思うように水を飲ませるのは結構難しいのです。


目次へ戻る↑

猫と水分の関係を知る上で知っておきたい、猫とおしっこのお話です。

猫のおしっこは「濃い」と言われています。つまり出る量に対して老廃物が多いということです。

理由は、猫の祖先のリビアヤマネコが砂漠にも住んでいたからです。

砂漠では水は貴重なため、体はおしっこの量を少なくして水分をなるべく失わないように発達し、今の飼い猫にもその体のつくりは引き継がれています。

体内の老廃物(汚れ)を取るフィルターの役目をしているのが腎臓です。

「濃いおしっこ=汚れが多いおしっこ」をすると、腎臓に強い負荷がかかります。 猫が腎臓の病気になりやすいのは、腎臓に負荷がかかりやすいからです。

猫の体に負担をかけないためには、水分量を増やす事がとても大切です。 体内に余分な水分があれば、当然おしっこの量は増えます。

おしっこの量が増えるということは、おしっこが薄くなるという事になります。 おしっこが薄くなれば、腎臓の負担も減ります。猫に多い結石も予防できます。

よくかかる病気を予防できれば、長生きできる可能性がぐぐっと高まります。

猫にたくさん水分を取らせるメリットは非常に大きいのです。

目次へ戻る↑

猫にばっちり水分補給する3つの方法!

猫にばっちり水分補給する3つの方法をご紹介します。

ウェットフードを
混ぜてあげる

ウェットフード(缶詰、猫缶、パウチなど)を使うのが一番確実でおすすめです。 それを利用して、普段あげているドライフードの3/1〜半分くらいの量を混ぜてあげましょう。

キャットフードの種類でもご紹介した通り、ウェットフードは猫の食い付きが良いという特性があります。 さらに水分を75%以上含んでいるので、効果的に水分を摂取してくれます。

※ウェットフードについての注意※

・ウェットフードは開封後24時間以内に使いきりましょう。
・ウェットフードはドライフードより栄養価が高いです。
 肥満や病気の原因になる恐れがあるので気をつけましょう。

 ウェットフードの栄養価はパッケージ通りではありません。  水分を除いた本来の栄養価は以下の計算式で割り出せます。

 栄養価÷(100−水分量)×100=本来の含有栄養価

 例:
 パッケージの記載が、たんぱく質19%、水分77%の場合。
 計算式は19÷(100−7)×100になります。

 計算結果は82.608…になります。
 これは本来のたんぱく質含有量は82.6%という事です。

 ドライフードのたんぱく質含有量は高くても40%前後です。
 缶詰の本来の栄養価を計算すると、驚くほど高いのです。
 与えすぎには注意が必要です。

水の与え方を
工夫してみる

水をお皿に入れておくだけではなかなか飲んでくれないので、こんな工夫をしてみるのも良いです。

・水を複数個所に設置
・器を変える
・1度湯通しした水を与える
 →カルキの匂いが苦手な猫がいます
・給水機を使う
 →猫は動くものに興味を持ちやすいです
・またたびを使う
 →またたびが好きな猫の場合、よく飲んでくれます

ドライフードを
ふやかす

ドライフードをぬるま湯でふやかしてあげるのも効果的です。 全部ふやかすと嫌がる猫もいるので、半分くらいふやかすのがおすすめです。

目次へ戻る↑

危険!猫にNGなものリスト。でもご紹介していますが、硬水のミネラルウォーターは猫が下痢になる可能性があります。

硬水は人間でもお腹を壊す事があるので、あげるなら軟水が望ましいです。

なお、日本の水道水は、全国的に軟水(平均で50mg/l)なので猫に最適と言えます。

目次へ戻る↑

キャットフードの鮮度を保つ3つの方法のまとめ


キャットフードの鮮度を保つ保存方法3つ。

猫は腎臓や泌尿器を傷めやすいので、水分補給が超大切!

猫にばっちり水分補給する方法
  →ウェットフードを混ぜてあげる
  →水をあげる方法を工夫してみる
  →ドライフードを半分くらいふやかしてあげる


人間と同じで、猫も水分を意識的に多く取ると体に良いのです。

腎臓や泌尿器の病気は症状が出てからでは手遅れの場合があるので、普段から予防を心がけたいですね。

目次へ戻る↑


この記事を読んだ人におすすめの記事


その他のおすすめ記事


< キャットフードの選び方
TOPページへ
キャットフードを選ぶ時の4つのポイント! >