知っているようで意外と知らない?キャットフードの種類!

   

知ってるようで意外と知らない!?かもしれない、
キャットフードの種類(区分、種類、グレード)をご紹介します。

簡単おすすめ!安心安全なキャットフード選び4つのポイント!とあわせて
良いキャットフード選びのお役に立てば幸いです。


キャットフードには、こんな目的がある!
    キャットフードは、ごはんをあげる目的に応じて分類が分かれています。
分類は全部で3種類。それぞれの概要と特徴をご紹介します。

●総合栄養食
   1つ目は、総合栄養食。
   人間で言うと、栄養のバランスが取れたごはんです。
   猫が生きるために必要な栄養を摂取する目的のキャットフードです。
   猫のライフステージ別に商品を展開している場合もあります。

   基本的には、猫が必要とする量を1日2〜3回に分けて与えます。
   給餌量は、キャットフードのカロリーによって変わってきますが、
   多くのキャットフードは、子猫/成猫の体重別で目安が書いてあるので、
   それを参考に与える量を決めるのが簡単でおすすめです。


▲パッケージにある給餌量目安
カロリー計算もできるが、これを目安にするのが簡単でラク。


●間食
   2つ目は間食。人間で言うと、おやつです。
   ごほうびや、おやつ等としてあげる目的のキャットフードです。

   猫の食いつきが非常に良い製品が多いですが、
   大抵は添加物(香料等)によるものなので、あげすぎには注意が必要です。

   トリートボールなどの知育玩具を活用してあげるのが、
   猫の遊び心も満たすおすすめのあげ方です。


●その他の目的食
   3つ目はその他の目的食。
   人間で言うと、おかずやふりかけ、栄養補助食、療養食等にあたります。
   総合栄養食と間食以外のものは、その他の目的食に分類されます。

   その他の目的食は、「一般食」として売られている場合が多いです。
   パッケージには、「一般食(総合栄養食といっしょに与えてください)」や、
   「一般食(おかず)」、「副食」という表記がされています。

   注意として、パッケージの表側だけでは、
   一般食と総合栄養食との違いがわかりづらい事が多いです。


▲左が一般食、右が総合栄養食
右下に「総合栄養食」と書いてあるが、並べないと気付かない


   一般食には猫に必要な栄養素が全部入っていないので、
   それだけを与え続けないように、十分気をつけましょう。

   あげているごはんに一般食を混ぜる使い方がおすすめです。
   一般食は、総合栄養食の補助として与えるようにしましょう。


キャットフードは、ドライとウェットだけじゃない!
    キャットフードに、ドライフードとウェットフードがあるのは
猫を飼っている多くの方ならご存知と思います。

この区別は、キャットフードに含まれている水分量で行われます。
しかも、実は全部で3種類あります。
その3種類の特徴とメリット、デメリットをご紹介します。

●ドライフード


   【特徴】

      1つ目がドライフード。いわゆるカリカリです。
      水分量が10%程度のキャットフードがこれに該当します。

   【メリット】
   【デメリット】

●セミドライフード


   【特徴】

      2つ目がセミドライフード。主にジャーキー状のものです。
      水分量が25〜35%程度のキャットフードのことです。
      加熱後に発泡処理し、製造されたものをソフトドライ、
      押出し機で製造したものをセミモイストと言います。

   【メリット】
   【デメリット】

●ウェットフード


   【特徴】

      3つ目がウェットフード。缶詰やパウチのものです。
      水分量が75%程度のキャットフードがこれに該当します。
      缶詰のほとんどは90%前後の水分量です。

   【メリット】
   【デメリット】


それぞれの特徴、メリット、デメリットを表にまとめるとこうなります。
コスパ、保存性、食いつきの面から見て、
ドライキャットフードが総合的に優れていると言えます。

ドライ セミドライ ウェット
水分量 10%程度 25〜35%程度 75%程度
コスパ
良い

普通
×
悪い
保存性
良い

やや悪い
×
悪い
※開封前は◎
食いつき
普通

良い

非常に良い
コメント 総合的に
一番優れている
添加物が
大量に入っている
食いつきは良いが、
コスパや保存性が悪く、
常用は難しい


あまりメジャーではない、セミドライのキャットフード。
水分量の中途半端さ故に添加物も多く、あまり良いとは言えません。
購入の際は水分量から判断して、猫には与えないのが賢い選択です。

ドライフードをメインに、たまにウェットフードをあげるのが
猫にとっても、飼い主さんにとってもバランスが良いと言えるでしょう。


キャットフードのグレード
    キャットフードには、グレードがあります。
ランクは全部で3段階あり、高いグレードほど良い原材料を使っています。
値段が高い=高級キャットフード、プレミアムフードというわけではないのです。

それぞれの特徴や入手先、価格をご紹介します。

●スーパープレミアムフード(SPF)
   プレミアムフードよりも、さらに良い素材を使った最高級グレード。
   ヒューマングレード(人間でも食べられる)素材や、
   オーガニック素材等が使われており、安心して猫に与えられる。
   無添加や、添加物が入っていても自然由来である事が多い。

   ホームセンターやペットショップ等には、あまり出回っておらず、
   インターネット通販だけでしか購入できない事もある。
   価格は、大体1kgあたり\3,000〜で販売されている。
   このグレードは、高級キャットフードと言えます。


●プレミアムフード(PF)
   ナショナルフードより良い原材料を使用した、ちょっと良いグレード。
   ミール素材ではなく、ちゃんと肉を使用している事が主な特徴。

   ただし、プレミアムとして売っていても怪しい添加物が入っていたり、
   中身はナショナルフードと変わらない怪しいプレミアムフードも少なくない。

   スーパー、ホームセンター、ペットショップ等で購入できる。
   価格は、大体1kgあたり\1,000〜\2,000程度。
   入手のしやすさから、獣医さんなどから勧められる事が多いグレードです。


●ナショナルフード(NF)
   大手メーカーが製造、販売しているメジャーグレード。
   本来の猫の食性に合わない穀物や、怪しいミール素材を使用している事が多い。

   価格が安い事と、どこでも買えるのが最大のメリット。
   価格は、大体1kgあたり\300程度で購入できる。
   使っている素材が怪しいのが多いので、あまりおすすめできないグレードです。



知らなかった!キャットフード(ペットフード)の歴史でもご紹介したように、
現在は、「猫に良いものを食べさせたい」というニーズが高まっています。

それにより、原材料にこだわって作られた、
高級キャットフード=スーパープレミアムフードがトレンドになっています。